海のコンセプトを違和感のなく実現させた
灯台のシンボル
Facade, Sign, Art panel:
あざみ野どうぶつ医療センター
クライアントの要望に応えつつ、その施設を利用される方や周辺に住まう方にとっても違和感のない存在感を実現することは、その地域に根ざす上では欠かせません。
本案件では、物件の立地がどちらかといえば緑あふれる環境が魅力である場所にありながらも、「海をコンセプトにした病院にしたい」という要望に沿うべく、「かかりつけ医の象徴であり、地域の医療に指針を与える存在」として“灯台”をシンボルに掲げるコンセプトを立案することで、違和感ないストーリーを実現しました。
また、マークも動物医療にふさわしい柔らかさを表現することで、立ち寄りやすい雰囲気を大切にしています。